七夕の物語

心理ナビゲーターの斎藤せい子です。

私は仙台の近く、盛岡の出身なので七夕はなじみの深い行事です。

といっても仙台や盛岡は七夕やお盆を旧暦でやるので
実際やるのは8月なんですけどね。
オーソドックスに笹に願い事を書いた短冊を飾るだけではなくて
街中ではすごく派手な飾り付けがされています。

ところで、そもそも織姫と彦星はなんで一年に1回しか会えなくなったんだっけ?
と、物語をおぼろげにしか覚えていなかった私。

中国の故事によると織姫のお父さんである天帝が
娘の婿として彦星を会わせたところお互いに気に入り結婚。

ところが、それを期に働き者だった二人がいつも一緒に居るため
仕事が疎かになり、たびたび注意を受けても直らなかったので
引き裂かれた・・・ということらしいです。

でも、その後もお互いが恋しくて泣き暮らし結局仕事が出来ないため
一生懸命仕事をすれば、一年に一回だけ合わせてあげると約束したとか。

働かない人は恋もしちゃダメ! という厳しい教えでございました。

コメント


認証コード5689

コメントは管理者の承認後に表示されます。